2021年05月31日

プライスレス

治療にかかろうとした歯医者さん(女医さんです)が、私の着ていたニットを見て「それってV.P.(仮称)じゃない!?」と声を上げた。

・・・知らんがな。

そのとき着ていたニットは、以前に会社のベテランの先輩に頂いたもの。「ちょっと大きいんだけれど、あなたなら着られるんじゃない?」と難点かの洋服を譲っていただいた、そのうちの一点。袖を通したらおおむねちょうどよかったので「先輩サイズ間違えで買ったのかなぁ?」と有り難く頂戴したものでした。どれも着やすくて気に入っていたけれどブランドは認識してなかった。
続きを読む
posted by arikuni at 18:48 | Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

鍵の話

 先ごろ、TVで「最近はSNSに写真をアップするときに自宅の鍵番号が映り込んで、ネットで合い鍵を作られて侵入されるケースが増えている」という話をやっていた。鍵って割とパターンオーダーなんですよ、って話は認識してないものなのかなぁ。メーカーと番号がわかれば注文できるんですよね。高校で「○○準備室の鍵で××が開く」なんて裏技もありました。あ、いまの職場でも一つある。

続きを読む
posted by arikuni at 14:16 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

2021.2.28よみうりの本

 どの新聞もそうかもしれないけれど、購読している読売新聞の日曜日の書籍紹介を読むのを楽しみにしている。手元に買えば「積ん読」になるけれど、これは手元にもなくただ読みたいなぁって妄想だけだから「妄読」とでもいうべき部類か。

2.28の妄読。
第一位 「宇宙の話をしよう」作・小野雅裕/絵・利根川初美

紹介者は生命科学者で大阪大学教授の仲野徹さん。余談になるけれど関東民からするとわかりにくいことに大阪には「大阪大学」(国立大学/通称:阪大)と「大阪府立大学」(府立大学/通称:府大)と「大阪市立大学」(市立大学/通称:市大)があるんですよね。府大と市大は統合して「大阪公立大学」になることが決まっているそうですが。そして私立の「大阪学院大学」の略称は「大院大」らしい。学校ってやっぱりその地域で暮らさないとわからないなぁ。閑話休題。

本題のこの本だけれど絵本なのであります。絵がかわいらしく文章にはルビがあり小学校高学年なら十分読める、とのこと。また宇宙やロケットを理解するための基礎が「コラムで丁寧に解説」されている、ということなので大人にも読み応えありそう。難しいことを易しく書いてあるものは大変ありがたい。評として「熱量あふれる小野の知恵とロマンがぎっしりと詰まっている」という一文に魅力を感じた。人にものを伝えるには、伝え方は色々だけれど伝える力の源泉は熱量だと思うのだ。

続きを読む
posted by arikuni at 12:46 | Comment(2) | 新聞・雑誌・その他メディアより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする